FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

冒険日記

毎日わくわくドキドキ。

プロフィール

あべ

Author:あべ
冒険日記へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2016.02
12
Category : 映画
IMG_9831.jpg

部屋の掃除をしていたら

こんなDVDが見つかりました。


「考えるな!感じろ!」

劇中でブルース・リーが語ります。

「それは月を指差すようなものだ。指を見てちゃ栄光はつかめないぞ!」

指を見ていても、月は見えない。

月は目標、指は手段。

指は月の位置を指すことはできますが、大事なのは指ではありません。

指にこだわっていては月を見ることはできません。

真実にたどり着くには指を越えてその先の月を見るということです。

この特別編の冒頭には

ブルース・リーと高僧の会話があります。

高僧: 私の問いに答えるがよい。お前の理想とする最高の技とは何か?

リー: 技を持たぬ事です。

高僧: よろしい。もし敵を眼前にした時はお前はどう考えるか?

リー: 敵などは存在しません。

高僧: それは何故か?

リー: なぜなら”私”という言葉自体存在しないからです。

高僧: うむ、続けなさい。

リー: 良い戦いは小試合の様であるべきです。

     しかしそれは真剣なものでなければなりません。

       優れた武術家は気を張り詰めることなく、しかし用意が出来ていて、

      考えるたり想像したりする事なく、起こりうる何事に対しても準備が出来ている。

      相手が押せば私は引き、

      相手が引く時は押す。

      そしてチャンスが到来した時、

      私が打つのではなく、

      ”それ”(※拳の事)が自ら打つのです。

高僧:     心に刻んでおきなさい。敵とは幻影にしか過ぎぬ。

       真の敵はその後ろに姿を隠しているのだ。

       幻影を消し去った時、敵を倒す事が出来るのだ。


道に迷いを感じたら、この言葉を思い出すと良いかもしれません。


それにしてもエキストラの道着を着た皆さん

全く強そうに見えないヘロヘロな感じはどうにかならなかったんだろうか??

Comment

非公開コメント