RSS
Admin
Archives

冒険日記

毎日わくわくドキドキ。

プロフィール

あべ

Author:あべ
冒険日記へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2017.03
22
Category : おやっ!
IMG_5628.jpg

スタンリーキューブリック監督の幻の初劇場作品『恐怖と欲望』

あれ?これを観てしまったら『幻』じゃ無くなるっすね。


幻が幻じゃなくなる一歩手前にいるわけだなぁ〜〜。







ネットを利用してランチのお店を探すのもアリだけど

ぶらぶら歩いて看板とか見て

初めて入るのも楽しい〜〜!!

ネットではお店のオーラがわかんないっすよね!?


先日、岡山の散歩で出会ったランチのお店。



そのお店はカウンター席、10席ほどのパパママの洋食屋さん。

L型のカウンターに私たちの他3名のお客さんが先に食事をされてました。

オーダーを終え、食事を待っていると

食事を終えた60歳くらいの女性が突然!

「お電話いただいてたみたいで〜」と

BGMを超えるくらいよく通る声でお話を始めました。

?????

2分くらい?通話が終了。

静寂が戻ったと思ったら

「お電話いただいてたみたいで〜」と

次の電話をかけてます。

これまた大きな声で。

緊急なのか???


お店の人も電話おばさんの勢いに飲まれているのか

タイミングがつかめないのか

注意をすることができません。

その他のお客さんも沈黙しています。

楽しいランチの時間が嫌〜な空気にしたくないし

ま〜そのうち終わるだろ〜〜と思ってるんでしょう。

私たちは食事の間じゅう

この電話おばさんのトークショーをご飯のお供にするはめの。


電話の内容は

電話おばさんが仕事上で知り合った人物をモデルに

小説を書いたらしくて

それを書いた動機とか使命とかを

延々と語られていました。

退職を期に小説を書こうと思いつき

今回の出版になったと。

同じ内容で3回繰り返してます。

うん?これって新手のキャンペーンなのか???

物語のモデルの人の名前、その舞台になった学校とかバンバン言ってるけど

肝心の本のタイトルと作者の名前は言わないので違うか????


私たちにデザートが出てきたころ

電話おばさんも、やっと電話をきりました。

20分は語ってくれましたぜ!!!


笑わしてくれたのは

「モデルのプライバシーがあるんで、フィクションにしてます。ノンフィクションでも
通用する内容なんだけど、盛ってるとかじゃなく私、そういう配慮をする人なんですよ。」

まて〜い!!!



この中で大きな声で話して

個人名や特定できる場所を言っときながら

配慮してるだと〜〜〜〜><!

コントか!?

この空間にいる人間へのの配慮はどこへ行ったんだ〜〜!!!????



また、次の電話をかけようとしたので

お店の方が

「他のお客様もいらっしゃるので電話のご利用は...」

その言葉を遮り

電話おばさん

「はいはい、外でかけますよね普通」と。

注意は私に言ってます????の顔。


すごい!

すごすぎるぞ!!!

で聞かれてもいないのに

「山陽新聞の記者の人が取材させてくれって言ってるのよ〜」

と私って凄いでしょ!自慢的な.......


でも聞かされた限りだと強烈な売り込みをしてたのは

電話おばさんじゃないのか??????


世間は面白いことに溢れています。

サンキュー!














しかし、タイトルと映画と話の着地がイマイチ><!





Comment

非公開コメント