RSS
Admin
Archives

冒険日記

毎日わくわくドキドキ。

プロフィール

あべ

Author:あべ
冒険日記へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2017.05
11
Category : おやっ!
映画『STAND BY ME』は

少年たちが死体を発見する物語で

原題(原作)は『THE BODY』、「死体」という意味らしいです。

ABE_0044.jpg

図書館に行くのに川沿いの道を通りました。

ここを通ると

情熱を持って純粋に探し物をした少年時代を思い出します。

当時の河原には

時々、いろんなモノが発見され

クラスで密かに話題になってました。

「〇〇、昨日河原で〇〇○見つけたんだってさ」

最初の〇〇はクラスメートの名前。

次の〇〇○は〇〇本。

〇〇本ってなぜか河原での発見報告が多かったっすよ。

現在の様に簡単に情報が手に入れる事ができないので

大人の世界を垣間見る事ができる

〇〇本はネ申的な憧れでした。

しかし高価でもあり

また子供が顔見知りの本屋さんでの入手は不可能。

ABE_0029_201705111842152a2.jpg

その日の夕方は

なぜか河原で同級生に会う確率が上がりますよね。

噂が流れた時には完全に遅いっすよ。

ABE_0040_20170511184217b16.jpg

で、考えたんですよ。

〇〇本を捨てる人は

夜にくるんじゃないかって!?

捨てる姿を見られたくないし

大人なら夜の闇は怖くないだろう、多分!!

朝早く行けば

発見できるんじゃないか!!

ABE_0049_20170511184220638.jpg

しばらくの間、早朝パトロールなんかもしたけど

結局、一度も発見する事ができず

私の少年時代は終わりました。

河原の〇〇本は幻ですわ〜

ツチノコやヒバゴンと同じ。

映画のラストシーンのセリフ

「12歳当時の友人のような友人を私はその後持ったことがない。」

今日のブログのラストのセリフ。

「12歳当時の〇〇本のように探し求めた本を私はその後持ったことがない。」





Comment

非公開コメント